ロゴ

生理前のイライラ症状について

生理前になると小さなことにイライラしてしまう、自己嫌悪に陥る、などの症状に悩まされたことはないでしょうか。それは特別なことではなく、生理前の女性がほとんど経験すると言われているPMSと呼ばれる症状です。
パートナーや家族にあたってしまう、小さいことが許せなくなるなどで悩んでいる女性はPMSというものについて深く知っておくと良いでしょう。

PMSについて知っておこう

PMSは月経前症候群とも呼ばれ、生理前のホルモンバランスの変化によって自律神経が乱れることによって生じます。
PMSはおよそ9割の女性が経験すると言われており、決して深刻なことではありません。症状も人によって様々ですが、長く続くものではないので、自分なりの対処法を見つけておくことで乗り越えることが出来ます。

PMSの特徴

悩む女性

頭痛、腹痛などの身体的症状がある

頭痛や腹痛は代表的なPMSの症状です。この症状によってもうすぐ月経が来る、と気づく女性もいるほどです。また、めまいや吐き気、食欲不振、便秘などもよくある身体的症状の一つです。毎月やってくるPMSの症状は似ているので、自分の月経サイクルを知る指針になったりもします。

軽いうつや不安になるなどの精神的症状も

精神的な症状が現れる場合は、攻撃的になって周りに迷惑を掛けたり、情緒不安定によって外出出来なくなったり、必要以上に落ち込んで涙が出たりなど、生活に支障が出る場合があります。精神的症状はコントロールが難しいので、周りの理解も必要になります。

月経が終わるとすっきり治る

PMSは、月経が終了すると共に自然に治っていきます。早い人は、月経開始3日目程度から徐々に落ち着いてくるという場合もあります。いずれにしろ長く続くものではないので、鎮痛剤などを上手に使って対処するのが望ましいと言えます。

PMDDとの違いについて

PMSとよく似ているのがPMDDです。PMSとの違いは症状の重さで出社出来ない、手が付けられなくなるほど人格が変わるなどの深刻な症状の場合は専門医での治療が必要なこともあるので、PMSの症状があまりに重い場合はPMDDを疑ってみると良いでしょう。

食事の見直しやマッサージで改善【PMSの症状を抑える】

女性

PMSの改善方法

PMSを改善するためには、生活習慣を見直してみるのがおすすめです。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動をとることでホルモンバランスは安定し、PMSは和らいでいきます。
また、近年話題となっているのが布ナプキンです。布で作られたナプキンは子宮を温める効果があるため、長く使用しているとPMSが和らいだという声が多く届けられています。子宮の温めは効果が絶大なので、ぜひ試してみると良いでしょう。
他にも、寒い日は腹巻を巻いておく、血行を良くするためにお風呂上りのマッサージを行う、ホルモンバランスをサプリメントによって補う、などもPMS改善に効果的な方法です。様々な方法を試して自分に合った方法を見つけましょう。